こんにちは!長野県長野市に拠点を構え、県内全域で各種電気設備工事や通信工事などを承っております、信通工業株式会社です。
電気の種類は4つあり、電気工事や電気通信工事などの工事では、資格を有した技術者が施工しています。
電力は発電所でつくられていますが、自宅やオフィスに届くまでにはさまざまな工程を経ているのです。
そこで今回は、弱電設備工事について詳しくご紹介いたします。

弱電設備工事とは


弱電設備工事は、情報や通信などの信号を送る配線設備などを行う工事です。
電圧は48ボルト以下で、LAN設備・電話設備・インターホン設備・テレビ共聴設備、放送設備や映像設備、防犯設備などが該当します。
また、弱電設備工事は一般的にはコンセント工事などの電気工事とは異なるため、業者によっては取り扱えないケースもあります。
弱電工事は人々の生活に幅広く役立っており、建築工事に付随して実施される工事の1つです。

強電設備工事との違い

強電設備工事は高い電圧がかかる設備であり、電気をエネルギーとして使用するものです。
例えば、受変電設備や発電設備、照明・空調設備、コンセント、エレベーター、避雷設備などが該当します。
また、強電は低圧・高圧・特別高圧に分類され、弱電との違いは電圧の強さです。
低圧は商店や一般家庭で用いられますが、高圧電流は7000ボルトほどあり、それ以上は特別高圧に分類されます。
弱電と強電は電圧が異なりますが、現在はそれぞれの技術が絡み合った設備やシステムが主流になっています。

弱電設備工事が活躍する場面

弱電設備工事を実施すると、電気設備や通信設備がグレードアップするため、効率が良くなりコストも削減できます。
例えば、引っ越しなどでLANを含めた電気設備工事を行う際、情報共有やセキュリティーなどを考慮した配線計画が可能です。
また、長年使用している古い設備は、思わぬリスクが隠れている可能性もあります。
場所や使用用途に適した弱電設備工事を定期的に行うことで、電気設備を安全・快適に使うことができます。

信通工業へご相談ください!


LAN工事や電話工事についてのご用命は、ぜひ信通工業にお任せください!
弊社では、電気工事や電気通信工事をはじめ、さまざまな電気設備工事において多くの実績がございます。
お引越しなどによる電気設備の施工も対応可能です!
お客様のご要望を的確にヒアリングさせていただき、長年培ってきた技術やノウハウを駆使して、最適なご提案をいたします。
電気工事や通信工事のほか、設備工事についてご検討中のお客様もぜひご相談ください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


長野市で電気設備の電気工事や配線工事は信通工業株式会社へ
〒381-0026
長野県長野市松岡2-21-5
電話:026-285-0601 FAX:026-285-0661